スポンサーサイト

--,,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢か現実か。

2010,,28
インセプション公開を待ちに待って、久しぶりに映画リピートしちゃいました。
メメント観て以来大好きなクリストファー・ノーラン監督の最新作。2回観てもまだまだ見落としている部分がたくさんあるんじゃないかなあという印象。細かくみていければ、ラストシーンが夢なのか現実なのか明らかになる・・・かもしれません。

なにこれ3回目行っとく?
今度は字幕版でもう一度観たい。
早くDVD出て欲しいです。


3回観たら少しは内容の考察ができるでしょうか。


ということで、とりあえずの感想というか、印象強かったのは、エアラインごと買い取っちゃった渡辺謙さん。あのとぼけた表情かわいすぎる。まさか、謙さんに可愛さを見出す日が来るとは思ってもいませんでした。
死ぬまで夢から覚めることができないけど、現実世界では死んだらそれまで。これは自殺者が多い世の中へのメッセージなんでしょうか。
スポンサーサイト

FLOWERS

2010,,18
6人の女優が昭和から平成までの3世代を演じるという映画「FLOWERS」を観に行きました。
視聴理由は蒼井優好きだからなのですが、そういえば広末涼子が出ている映画を観るのは「零の焦点」以来です。あのときもそうだったんですが、劇場内の年齢層高いな。

家族ものに弱いので、とにかく終始泣けました。当時の型にはまったような塩見三省演じる父親とのやりとりとか、なんだか羨ましく感じる部分もあるのは、個人的な環境によるところが大きいんでしょうけど。

クラシック好きでもそうでなくても。

2010,,01


毎月一日は映画が1000円なので、せっかくお休みだったこともあり、映画館へ。
「銀魂」を観ようかとも思ったんですが、結局こっちにしました。どういう二択。

喜劇風ですが、ロシアの情勢なども絡んで社会的な面もあったり。
本編のすべてが最後の12分のためにあるといっても過言ではない盛り上がりを見せてくれます。
スタンディングオベーションしたくなりますよ。

全部観てるって、マジっすか?

2010,,27


TOHOシネマズでやってるショートムービー「紙兎ロペ」が好きです。
毎月内容が変わるから観てないのもあるだろうと思ってたけど、全部観てた。どういうことなの。

シャッター・アイランドを観てきました。

2010,,15
ここは映画ブログなんでしょうか・・・。最近映画の話しかしてませんね。
ということで、ミステリものに期待して観に行きました。BGMも好み。

冒頭のアレで、ハードル上げた感はありますが、面白かったです。謎解きしようと思って観るのも疲れるので素直に観ました。吹き替え版を観たかったのですが上映回数が少なく、時間が合わなかったため断念。
大筋の謎は解けてしまうとありがちではありますが、細かい部分は気がつかなかった部分も多く面白かったです。
ラストシーンも印象的。こういうエンディングって結構好きです。

そういえば、ディカプリオの映画を映画館で観たのって、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」以来かな。
今年の7月には「インセプション」が公開だったかと思いますが、これはクリストファー・ノーラン監督ということもあって期待。

いばらの王を観に行きました。

2010,,14
前売りを買っていたのですが、観に行く時間がとれずに延び延びになってた「いばらの王」をようやく観に行きました。
原作はネタばれしたくなかったので未読。そろそろ手に入れようかと思ってます。

モンスターが迫力あります。これはとにかく怖い。最後にどんでん返しな設定もありで、面白かったです。しかし、何かもう一味欲しいなあと思うのは贅沢なのでしょうか。キャラの過去とか掘り下げが若干弱いのでしょうか。尺の都合もあるかもしれませんが、そのあたりがもっとはっきりするといいかなあと思う部分もありました。主人公に関してはしっかり描かれていると思いますけどね。

アリスインワンダーランドを観ました。

2010,,30
前売りも買ってたので、先日観に行きました。
ネタばれしてもアレなので、あまり書きませんが、淡々と話が進むというイメージ。面白くないこともないのですが・・・。
3Dで観ましたので、アリスが穴に落ちるシーンは迫力ありました。
家族で観るといいかと思います。客層は、本当に幅広いと思いました。

この映画が観たい

2010,,13
前回、復活などといって全然復活してなかったわけですが、なんだか一月ほど風邪をひいてます。
そんなわけで、ここだけでなくいろんな面でいろんなことが滞ってて、各所にご迷惑をおかけしている次第なんですが、もう3月も半分過ぎようとしているので、ここだけでも更新しなければと、のそのそ起き上ったわけです。

さて、表題の「この映画が観たい」です。最近映画は良く観に行きます。特典のストラップ欲しさに「アリスインワンダーランド」の前売りを購入しました。3日くらいで終了していたので、特典配布初日に行ったのは正解でした。
てことで、「アリス・イン・ワンダーランド」は4月に観に行きます。

で、明日は「シャーロック・ホームズ」を観に行きます。予告編を観て面白そうだったので。

あとは、今年は劇場アニメも多数上映されるのですが、その中でも惹かれるのがこちら。
「いばらの王」
原作は未読ですが、連載時から気になっていた作品です。予告編がとにかくわくわくします。これは前売り買いに行こう。

涼宮ハルヒの消失を観てきました。

2010,,06
こちら先着特典のメモパッド。隣のPSPgoは大きさ比較に。
消失特典
中身は真っ白でした。タイトルロゴくらい印刷されていれば良かったのに・・・予算的なのか製作時間的なものなのかはわかりませんが。

公開初日、しかも8時からの初回上映を観に行くという気合の入れようです。正直頑張った。朝6時半起きは久しぶりです。最寄の映画館は梅田なので、ブルク7へ。イーマOPEN前に行ったのは初だったので、正面口がどこなのかちょっと探してしまいました。
さて、到着してみると・・・人多っ!予想してはいましたが、長蛇の列です。座席券購入かキャラクターショップに並ぶかで整理券が分けられてました。グッズの売れ行きもすごそうですよね。実際半分くらいはショップでしたし。で、前売りすら購入していない私は、座席券の方の整理券をもらいます。148・・・前日の空席数が160だったはずなのでギリギリではないですか! 7時10分に来てこうなのか・・・さすがハルヒです。

映画館に来て最初にすることは客層チェックです。どうやら高校生から大学生くらいの男の子が中心のようでした。中には女の子同士のグループなんかもいましたが、カップルはほどんどいませんでした。0ではありませんが。まあ驚いたのは家族連れがいたことですね。これはあれですよね。やはりご両親の趣味ですよね。そんな小学校低学年くらいの子がハルヒ好きってことはないよね。

とまあそんな感じで回りの状況を観察しつつ30分ほど待ってようやくチケットが購入できました。ちなみに私が購入したころには、残り座席数が50を切っていたようです。なんにしても買えて良かった。
かなり大きな劇場に朝8時から満席って状況はすごいですね。

上映終了時には11時を回っていました。意外と上映時間長かったんですね。
ということで、次は「なのは」を観に行こうとシネ・リーブルへ向かいます。
・・・6時間後の回まで空席無しだと・・・? 小さな劇場とはいえ、なのはパねぇ。これは次回月曜に回します。
さて、「Fate」はどうだろうと、今度はテアトル梅田に向かいました。12時45分の回であと6席残ってました。一番前だけど。一番前の席で観たっていえば、「時をかける少女」(1回目)と「日本以外全部沈没」がそうでした。まあ観れなくはないです。そうとう近いけど。
そうそう客層的には「ハルヒ」と同じような感じ。男女比も同じくらいでしょうか。7:3ってところです。

以下は、ネタばれ有りな感想(ハルヒだけ)を。

東のエデン劇場版Ⅱの公開日決定!

2010,,04
ということで、公式ブログはこちら→

ここ最近ではかなりお気に入りの作品です。
2の公開は延期になりましたが、3月なんてすぐですね。
予告も公開になって盛り上がってきました。
楽しみ楽しみ。

午前十時の映画祭

2009,,01
ついに上映作品決定!
公式サイトはこちらです→

2月6日から1年間に渡って選ばれた50作品を上映していくという企画です。
こっそり投票してました。
見たかった「チャップリンの独裁者」が入っていて嬉しい限りです。DVD持ってるけどね。
1作品1週間の上映ってことらしいんですが、制覇できるかな?

やっぱり可愛い女の子の方がいいよね-センコロール観てきました。

2009,,28
公式サイト

予告通り、映画「センコロール」を観ました。
それにしても、上映時間が9時と20時ってのは・・・。休みの日にずいぶん早起きしちゃいました。

先日観に行った「サマーウォーズ」がもう「一度観たい映画」なら、こちらは「続きが観たい映画」だと思います。いや、これで終わりだから続きはないから、というのはわかってますが、それだけ面白かったってことですよ。面白かったのに、戦っている理由も怪物の正体も何もわからないまま終わったような感じだったので。
漫画の最初1話をバトルで惹きつけるとこうなるかなと。2話からはきっと世界観説明が始まるんだと思わせるような・・・わかります?

で、本日DVD情報が解禁になったらしく、これを書く直前に公式サイトで知りました。
限定版の内容に

「宇木敦哉描き下ろし漫画」

流石! わかってらっしゃる! 本当に続きが見られるじゃないですか! サイドストーリーだそうですが。

さてさてDVD予約しとかないと。


家族に会いたくなる映画-サマーウォーズ観てきました。

2009,,03
「時をかける少女」の細田守監督最新作、「サマーウォーズ」を観てきましたよ。

恥ずかしながら、公開日を知ったのが7/25(小説版発売日で本の帯に書いていたかと)で、何の予備知識もないままに劇場へ足を運んだわけです。

開場まで時間があったので、関連グッズを色々物色。予備知識ないのに何故物色したのかは謎ですが、なんか格好いいウサギとか、太ったリスとかいて、これが一体どう物語に絡んでくるのか楽しみになりました。
パンフレットを買うのは、映画観て良かったらだなーとか思ってたんですが・・・

サマーウォーズグッズ
買いすぎだろ(笑)
どんだけはまってんだよ。

ということで、これで映画の評価はわかるかと思いますが、以下はネタバレ含むというか、見てないとわからない感想を。

それでもボクはやってない

2007,,02
周防監督の「それでもボクはやってない」を観に行きました。
1日は映画サービスデーということもあって、1日に休みが重なるなんてそうそうあるもんでもないので、絶対何か観に行くとは思っていたんですけども、どうも観たい映画が多くてちょっとどれを観ようか悩んでしまいました。
でも、これを選んで正解だったかも。かなり面白かったです。
洋画のアクションものとか苦手なので、邦画を観ることが多いんですが、やっぱり私はこういう映画が好きなんだなあと再確認。普段ネタバレばかりしていますが、今回は特に内容には触れません。
裁判員制度も始まりますし、裁判に興味を持っている方も多いはず。
日本の刑事裁判の実情を描いたこの作品は、観る価値ありだと思いますよ。

遙かなる時空の中で 舞一夜

2006,,06
先週あたりの記事にもちょこっと書いたんですが、その予告通り「遙かなる時空の中で 舞一夜」を観に行きました。

劇場のタイムテーブルが10時~、17時~、21時~という微妙な時間帯だったので、ちょっと早起きして一番最初の回に行きました。普段の仕事のときよりも早く家を出ましたよ。
やっぱりほとんど女性客ばかり。10時の回だというのに120席ほどの劇場は満員です。一人だけ男性がいました。以前観に行ったハチクロを超える比率ですね。

以下ネタバレ感想。
 HOME 

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

プロフィール

ろくろく

  • Author:ろくろく
  • あみぐるみとアニメと漫画を糧に生きてます。
    画像は、出来る限り最新作を載っけてますが、うっかり忘れて2、3週放置なこともしばしば。

Powered by ついめ〜じ
遣隋使同盟
blogram投票ボタン

メールフォーム

Link

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。