スポンサーサイト

--,,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UDON

2006,,02
ユースケ・サンタマリア主演の「UDON」を観に行きました。小西真奈美が好きなので。
ちなみに私、うどんよりも蕎麦派でした・・・。

以下、ネタバレ感想。そのままストーリーを書いてますので、観た方推奨です。
ちょこちょこテレビでCMはしているものの、そんなにヒットとまではいかないような感じ。レディースデーにも関わらず、直前まで空席ありでした。前の方はかなり空いてる感じ。一番大きなシアターなので、まあそんなものかもしれません。

さて、冒頭から主役の松井香助がニューヨークでだだすべり。いくらなんでもこれはないんじゃないかというくらい。いや、そのくらいの面白くなさを出した方がこの場合はいいのか。映画館もいい感じに(?)冷えた。
芸人を目指して世界に飛び出した香助は夢敗れ、実家の香川に帰ることに。香助の家は製麺所。「ここに夢はない、うどんがあるだけだ」と言って飛び出した香助を父親は歓迎しない。
ある時、車のガス欠で立ち往生してしまった香助は、山の中で方向音痴の宮川恭子と出会う。熊に襲われるという衝撃的な出来事で車ごと谷に転落。大した怪我もなく、二人がたどり着いたのは、製麺所。そこでは一人のおばさんが麺を作っていた。そして、おばさんは二人に言う。

「うどん食べるんですか? 熱いのがいいですか? 冷たいのがいいですか?」

いや、まずそのぼろぼろの姿に疑問を持てよ!
とりあえず「熱いの」を食べる二人。これがソウルフードとの出会いだった。
・・・で、ここからどうやって家に帰ったのか謎。

とりあえず今の借金を返してから、また世界に出ようとする香助。幼なじみの鈴木庄介に地元のタウン誌のバイトを紹介してもらい、そこで営業をすることになるが、どうしてもタウン誌を置いてもらえない。そのとき、地元の讃岐うどんの特集をしているタウン誌がないことに注目。地元の人間にも知られていないうどん屋を取材し、うどん特集を組む。

うどんブーム到来。
瞬く間に部数を伸ばす「TJさぬき」(これが香助たちの作るタウン誌の名前)。
色んなうどん屋を回って取材するめまぐるしい動きを、画面分割して表現するんですが、大画面にこの分割は辛いものが! 何処見ていいんだかわからない。忙しさは伝わってくるけど。

うどんブームの終焉。
ブームは長くは続かない。タウン誌で紹介されたうどんを食べに遠くからやってくる人たちが、街を散らかしたり、路駐したりで近所に迷惑をかけたと店をたたむ人も出てきたり、忙しくなってしまったために麺の質が変わってしまったり、ブームと引き替えに色々なものを失ってしまった。
そして「TJさぬき」も廃刊。みんなそれぞれの道を行くことに。

香助は実家の製麺所を継ごうと考える。ついに父親にそのことを話そうと考えるが、そのとき父親が倒れてしまい、急逝。製麺所は一時休業。だが、香助の姉に製麺所を続けていくつもりはなく、四十九日には道具を引き取って貰うことになっていた。
香助は、それでもうどんを作る。なかなか父親の味には近づかない。しかし、姉の夫にも手伝って貰ったり、かつての仲間も集まって、ついに近い味を出すことが出来た。
出来上がったうどんを仏前に供える。
・・・親父登場。

いきなりファンタジー!?
「四十九日終わるまではその辺にいるもんやろ」(親父談)
そうなの!?
死んでからでないとまともに会話も出来なかった親子。こんなファンタジー展開なのに、なぜちょっと泣けるんですか。あら不思議。
でも、父親は息子に仕事を継いで欲しいとは言わない。息子には夢を追って欲しいという親の気持ちが伝わってきました。

結局、またニューヨークに旅立つ香助。(ちなみに借金は父親が完済してます)
四十九日のその日。本当は製麺所を閉める日だったが、その日を新規オープンの日だと勘違いした人たちが奇跡を起こす。松井製麺所に向かって長い行列が出来ていた。

キャプテンUDON
物語は概ねこれで終わり。後はエピローグなんですが、この物語の中に香助の考えた「キャプテンUDON」というキャラが出てきます。アメコミ調で、香助の夢ということでCGでの登場もあったり。
香助は子供の頃「大きくなったらキャプテンUDONになる」と言っていたんですが、再びニューヨークに旅立った後、どうやらキャプテンUDONになれたようです(映画とかかな?)
劇中でぜんまいでことこと動く「キャプテンUDONノコノコ」というグッズが出てくるんですが、劇場で扱ってませんでした。置いてたら買ってたね。

ほんのり暖かい、そしてとてつもなく腹の減る映画。
あの大画面にうどんがででんと登場するときなんて、昼ご飯食べた直後の視聴なのに、本当にお腹空きました。
絶対、うどんが食べたくなる。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://key623.blog2.fc2.com/tb.php/2885-41b8b707

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

プロフィール

ろくろく

  • Author:ろくろく
  • あみぐるみとアニメと漫画を糧に生きてます。
    画像は、出来る限り最新作を載っけてますが、うっかり忘れて2、3週放置なこともしばしば。

Powered by ついめ〜じ
遣隋使同盟
blogram投票ボタン

メールフォーム

Link

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。