スポンサーサイト

--,,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義経第24回

2005,,20
義経 第24回「動乱の都」
後白河法皇面白いですね。冒頭の着物に頭を隠しているところとか、法皇らしさ(?)が出ているような。
今回は、義仲を止めようと動く義経だったが、結局義仲の横暴ぶりは止まらず、ついには法皇も義仲を裏切り、義仲の勢力が衰退していくお話。
義経は、あくまでも義仲を信じたい、という気持ちが強いですね。でも、会っても話が通じず結局追討することを納得するわけですが。
義仲は、自分の父親を頼朝や義経の父親に殺された、という出来事が、彼自身を上洛へと逸らせ、源氏の棟梁となったという気持ちが、義仲を有頂天にさせて、結局は衰退の道へつながったわけですよね。
義経も結局は頼朝に殺されるわけですが、この時代(今もそうかな)って兄弟同士で争うことが多いですよね。兄弟と言っても、異母兄弟なことが多いので、現代の兄弟とは感覚が違うかも。母親の身分によって、その子供の位も変わってくるわけですよね。
昔、大学の講義で母親の位の違いも、頼朝と義経の対立の原因、という話を聞いた記憶がありますが・・・。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://key623.blog2.fc2.com/tb.php/423-1c2be258

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

プロフィール

ろくろく

  • Author:ろくろく
  • あみぐるみとアニメと漫画を糧に生きてます。
    画像は、出来る限り最新作を載っけてますが、うっかり忘れて2、3週放置なこともしばしば。

Powered by ついめ〜じ
遣隋使同盟
blogram投票ボタン

メールフォーム

Link

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。